募集パターンB雪玉の作成過程1

昨日、パターン製作に協力いただける方からパターンの縫い方と縫い代の倒し方について質問がありました。

協力いただける方の中には同じような疑問を持っているかもしれないと思い、管理人@かたつむりの作り方ではありますが、パターンの製作手順を何度かに分けてUPすることとしました。

今日から3回に分けてパターンBの雪玉の作成について説明します。

*先程も書きましたが、管理人@かたつむりの作成順番になります。
縫い代は片倒し、なるべく白土台に響かないよう倒す方法をとっています。縫い代の処理についてはいろいろな方法があると思いますので、あくまで参考にしていただきたく思います。

でははじめます。

① 型紙を用意します。

d0233263_11592932.jpg


パターンBでは上の4枚の型紙が必要です。(布ごとに型紙を用意してあります。)

② 必要なピースを切り出しましょう。

d0233263_121229.jpg


こんなにたくさんになります。

③ 六角形の雪玉のブロックを作ります。六角形の形の白土台布のピースと配色布で出来た三角形のピースを縫い合わせます。しるしより一針ぶん手前から、一度返し縫をし、スタート。縫い終わりも印から一針分先まで縫って、返し縫するといいでしょう。また、私の型紙のような布のとり方ですと、この縫い合わせはバイアス同士の辺を縫い合わせることになります。バイアス同士を縫い合わせる時は布が伸びないように気をつけてください。私個人のやり方は、4~5針に一回返し縫を入れます。

d0233263_1213535.jpg


④ 裏返して、縫い代は配色布のほうに倒します。

d0233263_123062.jpg


⑤ 他の3つの三角形のピースも同じように縫い合わせ、縫い代は配色布側にたおします。全部縫えました。


裏側はこんな感じです。

d0233263_127378.jpg


この雪玉のブロックを2枚用意してください。

明日はナインパッチのブロックの作成手順について説明します。
[PR]

by quiltsto | 2011-03-27 12:15